投げ銭方式のみの公演等は対象となりますか?

対象となりません。対象となる事業は、有料で不特定多数(1公演等あたり概ね50人以上)を集客し開催するものであることですので、有料チケットの販売が行われることを前提としています。