団体の代表者個人が、団体の経費を立て替えて事業を実施する場合、気を付けることはありますか?

個人宛の領収証等は無効ですが、団体に代わって個人が立替払いをしており、その分を対象期間内に事業者から立替精算している場合は、立替精算書、領収証等で立替精算の事実が確認できれば、補助対象となります。